弊社のスポーツ×IoTの取り組み

弊社のスポーツ×IoTの取り組み

弊社のスポーツ×IoTの取り組みですが、日本では、皇居マラソンや宮島マラソン、その他大会でランナー1人1人に配布する「計測タグ」を使い 完走記録を提供するサービスを2003年から提供しています。海外でも、カンボジアオリンピック委員会の主催するプノンペンハーフマラソンや、2003年から2006年までは、北京マラソン、上海マラソン、アモイマラソンで同様のサービスを提供してきました。

 

スポール×IoTの先進企業として、今後も、各種センサーとインターネットの連携により、新しい試みにチャレンジしていきます。
主に大規模スポーツイベントでイベント効率化や マーケティングデータ取得、安全対策など多々の可能性があります。

 

https://delightcorp.com/collections/organizer/products/sporthivenew-result-platform-linked-to-social-media

Related Posts

Outbound call, call forwarding and recording service start
We are glad to announce the two functions become available for enterprise plan users. Outbound call Call forwarding ...
Read More
(External Article) Legal AI vs Lawyer
This article is only in Japanese language. リーガルAIと弁護士がガチ対決 気になるその結果は? “アルファ碁ショック”から約4年。世界最高峰の棋士と人工知能(AI)の戦いの舞台となった韓国で...
Read More
(External article)COVID-19 will change the entire notion of offices: Companies eye rental savings after working from home
Even as the U.S. and Europe begin discussing how to reopen businesses, company leaders themselves say the coronavirus...
Read More